サイトトップ > サイトマップまで放置

セロトニンサプリランキング!

 

セロトニンサプリはトリプトファン入りを選べ!

 

 

必須アミノ酸に分類されているトリプトファンというのは、セロトニンを作るのに必要不可欠な栄養素になっています。セロトニンが不足してしまっていると、うつ病のような症状が出てしまったり、不眠症や睡眠障害になりやすくなってしまうといわれていますので、しっかりトリプトファンを摂取して、セロトニンが作れるようにしていかなくてはなりません

 

では、どのような食材にトリプトファンが含まれているのでしょうか?まず、チーズやヨーグルトなどのような乳製品や牛乳、バナナ、アーモンド、高たんぱくの食べ物に、豊富にトリプトファンが含まれているとされています。

 

必須アミノ酸というのは、体の中で合成されることがありませんから、食事から補給をしていかなくてはなりません。ただ、トリプトファンが多く含まれている食材を食べるだけで、セロトニンを増やすことが出来るのかというと、そこまで単純なものではないようです。

 

食事から栄養素を取り込んだら、一度血液と一緒に流れ、必要な器官に送られることになります。ですが、脳の場合は、ちょっと仕組みが違っており、血液脳関門で、血液中に含まれている栄養素を調べることになります。この血液脳関門を突破することが出来なければ、脳にトリプトファンなどの栄養素は運ぶことが出来ないのです。

 

トリプトファンは血液脳関門を突破することが可能になっているのですが、状況次第ではチェックに落とされてしまい、運搬されなくなってしまうのです。

 

このトリプトファンが運搬されなくなってしまうということもあります。なぜかというと、他のアミノ酸も血管脳関門を突破しようとしているからです。トリプトファンも同じくアミノ酸の一種になっていますから、他のアミノ酸が多くなっていると、トリプトファンも通過することが出来なくなってしまうこともあるのです。

 

高たんぱくの食材にトリプトファンが含まれていますが、このような食材の中には、イソロシンヤバリンなどといったアミノ酸も含まれています。これらのアミノ酸が、脳にトリプトファンを送りにくくしてしまうこともあるのです。

 

また、膵臓から血糖値を下げる効果で有名なインスリンも分泌されているのですが、この血糖値を下げる効果以外にも、アミノ酸を取り込む作用も持っています。このインスリンの働きによって、トリプトファンを脳に届けやすくすることも可能になっています。

 

しかし、偏食をしていると、それだけトリプトファンも摂取しにくくなりますから、セロトニンの合成量も減ることになります。たんぱく質をちゃんと摂取していないと、トリプトファンも摂取しにくくなりますし、炭水化物や糖質が少ないとインスリンも分泌されにくくなってしまうのです。

 

そのため、偏食や食事制限によるダイエットをしすぎてしまうと、セロトニン不足になり、精神的に不安定になりやすくなってしまうのです。

 

セロトニン不足にならないようにセロトニンを作るサプリを飲みましょう。⇒セロトニンを増やすサプリランキング完全版

 

セロトニン不足になるとイライラしやすいのか

 

我慢しようと思っていても、どうしても感情を制御することが出来なくなってしまうという人もいるのではないでしょうか?特に何かがあったわけでもないのに、不安を感じるようになったり、イライラしてしまうといった感情を持て余している人もいると思います。

 

自分で感情のコントロールをすることが出来なくなってしまったことによって、人間関係がこじれてしまったり、人が離れてしまったという人もいるかもしれませんし、仕事でトラブルが生じてしまったという人もいるでしょう。

 

また、自分ではなく、相手が不安を感じていたり、イライラしてしまっているのを見て、その感情が伝播してしまったという人もいるかもしれません。ですが、相手の勘定が伝わってしまって、自分までイライラしてしまっていては、精神的にかなり消耗してしまいますよね。

 

自分の感情を制御することが出来て、安定させることが出来ていれば、人間関係も良好になり、相手が離れてしまうということも回避できるようになるかもしれません。

 

そんな生活を過ごすことが出来るようになれば、必要以上のストレスを感じることもなくなり、毎日を問題なく過ごすことが出来るようになるのではないでしょうか?しかし、そうは思っていても、どうしても心に余裕を持たせることが出来ないという人も多いと思います。どうすれば、自分の周りの人と接していてイライラすることなく接することが出来るようになるのでしょうか?

 

ここで重要になるのは、神経伝達物質のセロトニンになっているのです。セロトニンは幸せホルモンという異名も持っているのですが、このセロトニンが十分に作られるようになると、イライラ感や不安感などを和らげることも可能になるのです。